完全無料ポイント無し出会い系サイト

純愛 行き過ぎた愛はもはや愛ではない
恋愛は誰かを好きになることから始まります。
ものすごく端的に言ってしまえば、「誰かのことを大切に思う」ということが愛の1つの定義です。議論の余地がありすぎますが、とりあえず。
しかし、本来ならば相手が喜んで受け入れるはずの愛も、それが行き過ぎてしまえば愛ではなくなります。
何事も「行き過ぎ」という状態はあまり良くないのですが、相手を思う気持ちである愛もその例に漏れません。むしろ、自分でコントロールができない分やっかいなものです。
 *「相手のため」が「自分のため」になっていく
相手を思う気持ちは、それが相手にとって迷惑にならない限り、無条件に受け入れられ、ありがたいものだとされます。誰だって好きな人に愛されるのは嬉しいものですからね。
しかし、この気持ちがあまりにふくれあがるとあまり良くない方向に向くことが多々あります。これは根本に「相手のため」ということがある分ややこしくなります。しかし、大抵の場合、その「相手のため」ということを「自分のため」にしている場合が多いのです。
 *独占欲と束縛
先ずは相手への気持ちがエスカレートすると、独占欲が生まれます。これは恋愛をしたことある人なら誰でも経験があるでしょう。恋人を自分以外の人に触れさせたくない、特に異性と接触してほしくないという気持ちです。なかには「束縛してほしい」という人もいたりします。
しかし、「束縛されている」と感じる本人がそのせいで社会的なチャンスを損なったりする可能性もありますし、行動範囲が狭くなることに対して窮屈に思い、ストレスを感じてしまうこともあるでしょう。これは要注意ですね。相手に不快感を与えてしまうような思いはもはや愛と呼ぶことはできません。
互いに心からの了承がとれていれば「2人だけの世界」として完結していてそれでいいのかもしれません。しかし、どちらか一方が不満を持っていて、しかもそれを打ち明けられないような状況になっているのであればそれは問題です。
 *執着する心
また、行き過ぎた愛の典型的な例としては「ストーカー」が挙げられるでしょう。
ストーカーの場合、愛ではなく、その感情は「執着」になっていると言えます。自分の愛が本物であると本人に証明したいがために、周りを顧みずひたすら迫るという行動を起こす根っこには、行き過ぎた気持ちがあります。
「自分は相手のことを思うからこそこうするんだ」というねじ曲がった信念は、世間的には非常識とされる行動を行うことを簡単に正当化します。要は、「相手を好きだから何をしてもいい」と思うのです。
これでは愛でも何でもなく、もはや単なる「迷惑行為」でしかありません。
本当に相手を思う気持ちがあるならば、相手のためにおとなしく引くのがベストな選択だと言えるでしょう。もしかしたら諦めないということが報われるというパターンもあるかもしれませんが、アプローチし続けることを選ぶのなら相手に迷惑をかけない仕方ですべきです。
このように、本来ならば相手のことを大切に思う気持ちであるはずの「愛」は、行き過ぎると迷惑になってしまいます。
好きという気持ちが盛り上がるのはけっこうですが、ときには冷静に「自分のしていることは本当に相手を大切にしているのか?」と考えてみることも必要です。

人妻との出会い掲示板

恋愛 告白を成功させる下準備
恋愛の一大事である「告白」。
想いをよせる、好きな相手に自分の気持ちを伝える大切な瞬間です。
その告白を成功させるためには、どのようにしたらいいのでしょうか?
 *間違った前提…「告白の仕方」で成功は左右されない
「どんな風に告白すれば成功するのか」「告白するときにはどんな言葉を使えばいいのか」という悩みを抱えている人は、まだスタート地点にもついていないと言えます。なぜなら、このような疑問をもつということは「どんな告白をするのかということに相手からのOKが左右される」という前提にたっているからです。
これが大間違いなのです。相手の返事は告白の仕方という単純なことでは変わりません。返事は実を言えば、告白をする前からすでに決まっていると言っても過言ではないのです。
だからこそ「下準備」が必要です。
 *告白の下準備とは
結論から言ってしまえば、その下準備とは「相手の気持ちをOKにしておく」「自分も相手が好き、相手も自分が好き」という両思いの状態にすることです。こんなことを書くと「なんじゃそりゃ」と思ってしまうかもしれませんが、よく考えてみてください。
相手の人があなたに対してなんの興味も持っていない時点で告白をしても、OKするはずがありませんよね?だって興味ないんですから。
そう考えると、両思いの状態になってから告白というのは当然のことなのではないでしょうか?というか、むしろほとんどの場合、両思いになってからしか告白は成功しないのではないでしょうか。
告白に失敗する主な原因は「急ぎすぎる」ということです。
それは上にも書いたとおり、相手が告白をする人に対してなんとも思ってないうちに告白をするからそうなってしまうのです。
 *互いを知ろう
ですから、最も重要な下準備として、互いのことを知るということを挙げることができます。相手とのコミュニケーションを重ねていったうえで、相手の職業、誕生日、好きな物・事、家族についてなどのことを知っているか、あるいは相手が自分のことについて知っているか。そして、相手に恋人がいない、電話やメールで比較的頻繁に連絡をとる、2人で食事や買い物などに行ったことがあるなどのことをクリアすることが告白のための下準備と言うことができます。
上記に並べたことが実感としてあれば、2人の距離はかなり近く、告白が成功する確率は極めて高いと判断できます。
最後に1番重要な目安は「相手が自分という人間を好意的に思っている」ということです。自分の性格を含めたうえで相手に良い印象を持ってもらっていれば、十分成功にもっていくことができるでしょう。

出会いカフェ大阪

メル友 出会い系を使っている人はメル友も募集している
メル友を探したいとき、どのようにして相手を探しているでしょうか?
メル友を探すためのパソコンのサイト、モバイルサイトを中心に探すのが主な方法であると思います。実際に「メル友」というキーワードで検索すると、メル友を探すための掲示板やメル友募集サイトがたくさん出てきますね。
このようなサイトを利用して普通にメル友を探すのももちろんいいのですが、他にもメル友を探す方法があります。
「出会い系サイト」です。
出会い系サイトというと、いかがわしいイメージやニュースで報道されているような危ないイメージといったあまり良くないイメージが着きまといます。ニュースでとりあげられているようなことは実際に起こっていることなので、出会い系サイトには悪い面もあるということは否定できません。
しかし、出会い系サイトでもメル友を探すことができるのです。
というのも、出会い系サイトを利用する人たちには異性との出会いを求めている人ももちろんたくさんいますが、気軽なメル友を探している人もいるからです。
具体的なことを言えば、出会い系サイトのプロフィールを記入するところには「目的」という項目があって、そこにサイトを利用する目的を選択して記入します。その選択肢のなかには「恋人」「結婚相手」など、恋愛を前提としたものの他に「メル友」もあります。
果たしてそれを鵜呑みにして出会い系サイトを使ってもいいのかと悩んでしまうかもしれませんが、今や出会い系サイトは気軽に使うことのできるツールとなっています。
そのなかには多くの悪質サイトがあって、はじめのうちはウンザリすることもあるかもしれませんが、慣れてしまえばそういったサイトを避けてちゃんとした出会いを提供しているサイトにたどり着くことができるようになるはすです。
出会い系サイトでは、相手とのやりとりはほとんどがメールです。
その点で言えば、メル友とあまり変わりがありませんね。その後の進展はその会話の盛り上がり次第ですからね。
それに、出会い系サイトを使っている人にも「まずはメル友からはじめましょう」くらいの気軽な姿勢の人はたくさんいるはずです。
このように考えてみると、出会い系サイトも十分メル友を探すためのツールになることがわかりますね。
メル友を探す方法の選択肢として、出会い系サイトも検討してみてはいかがでしょうか。

ポッチャリ出会い

メル友 文章でも空気を読んだ発言を
「空気を読める/読めない」という言葉は今では普通に使われるようになっています。「KY」という言葉が流行語になって、定着しましたね(もはや死語?)。
「空気を読める人」というのはその場の雰囲気に合わせて考えた言動をする人のことを言います。空気の読める人は色々な場面で重宝されますね。いらぬ心配をする必要がないので、「あの人なら大丈夫だな」と思われます。
逆に「空気の読めない人」というのはなかなかにやっかいな人だといえます。おそらく空気の読めない人と周りへの配慮を考えない人というのはイコールで結ばれると思います。
空気を読める/読めないという話はそのまま文章での会話、とりわけメールのやりとりなどにもあてはめることができます。
 *メールでも空気を読む
1対1でのメールのやりとりでも、きちんと相手のメールを読んで、その内容を踏まえてから返信する、もっと言えば「相手の意思を酌んでやる」ということができる人。これが空気の読める人だと思います。
少しだけ求め過ぎているようなきらいがありますが、顔の見えないメールのやりとりだからこそ、なおさら相手の気持ちについて考える必要があります。
ですから、チャット並みの即時的なやりとりでない限りは、これまでのやりとりの内容をできるだけ把握してから文章を書くべきです。口で発言するのとは違って、メールでは文章をキーボードなりケータイのボタンなりで打たなければなりません。相手に「めんどくさい」と思わせるのは空気を読めない人がよくすることの1つです。
 *「引き際」の空気を読む
そして、メールで1番空気を読まねばならないタイミングというのはやはり、「終わらせ時」だと言うことができるでしょう。
相手がやんわりと「そろそろ終わりにしましょうか」というニュアンスを含むメールをしてきているのに、それを読みとることができずに返事をしてしまう。このパターンがメールにおける空気の読めない行動パターンの典型例ではないでしょうか。
相手は終わらせたい、あるいは終わらせたつもりなのにまたメールがきてしまうと、うんざりしてしまうし、それ以上メールをする気が失せてしまいます。
それならちゃんと「終わりたい」ということを文章に書けばいいじゃないかという人もいるかもしれません。それも最もな意見ですが、おそらくほとんどの人が少し遠回しなニュアンスで終わりをにおわせる文章を書くという手法を使っていることでしょう。
ですから、ここは多数派に合わせた方が合理的です。自分を貫いてあえて空気読まないという人もいますが、やはり「相手への配慮」を第一にした方がいいでしょう。
メールをしていて空気を読まなければならない場面はまだ他にも色々とあるでしょうが、まずは引き際から心得てみましょう。

浜松の完全無料の出会い

恋愛 初心者にありがちなメールのミスとは
恋愛をする上で、今やメールは欠かすことのできないツールとなりました。メールで関係を深めたり、告白をしたりするのも普通になっています。
メールにはいつでも好きなときに送ることができたり、面と向かっては言えないようなことを言えたりするという便利な面があります。
しかし、その一方でメールだからこそ起こり得るミスというのもあります。特に恋愛初心者である場合だと、自分が気がつかないうちにメールでのミスをしてしまっていることもあります。
相手に好意を持ってもらえるようなメールを考えるためには、その逆であるメールのミスを考えることが参考になると思います。
 *長文、あるいは絵文字やデコメ
相手を思う気持ちが強いと、それを伝えるために長めの文章を書いてしまいがちです。「恋は盲目」といったフレーズを耳にすることがありますが、それはある程度真実で、「好き」という気持ちの勢いは本当に人の視界を狭めてしまいます。
相手への自分の気持ちを表現したかったり、自分のことを知ってほしかったりすると、メールはどんどん長くなってしまいますね。
しかし、相手に自分の気持ちを過不足なく全部伝えることは不可能です。どれだけの言葉をつくしても伝わらないことはあるし、しかも言葉を多く並べれば伝わるものではないからです。
また、そのような「勢い」によって書かれた文章というのは往々にして読みにくいものになっている傾向にあります。主述の関係がわからなくなっていたり、論理が破綻していたりと、最後まで読んで「結局何が言いたいのだろう」という疑問を相手に抱かせてしまうことになりかねません。
ですから、メールは長過ぎず簡潔にしましょう。もしも溢れるほどの気持ちがあるのなら、小出しにすべきです。
また、絵文字やデコメを過剰に使うことも控えた方がいいでしょう。
あまりにもテンションが上がってしまって、絵文字やデコメを多用してしまって、相手との温度差を浮き彫りにしてしまうというミスもあり得ます。
相手も絵文字やデコメを使用するのならまだ良いですが、もしもそうでなければ1人だけ浮かれてるという残念な状況を演出してしまうことになってしまいます。絵文字・デコメは相手の出方を見てからにした方が無難ですね。
 *謙虚さの程度
これから親しくなっていきたいという相手とメールをするときに必要な要素の1つとして「謙虚さ」が挙げられます。
まだ互いのことを全然知らない段階では、まともな会話をすることはできません。そういった状況では、まずは謙虚かつ丁寧な対応を心がけるべきです。
この点に関して言えば、親しくなることを焦り過ぎていきなり相手のプライベートに踏み込んだ質問をしたり、馴れ馴れしい口調のメールを送ったりするというミスがありがちです。
また、謙虚さと卑屈さとを区別しなければなりません。
あまりにも謙虚すぎると、相手はそれを卑屈とみなしてしまいます。そういったメールが続くと、「マイナス発言が多い人」果ては「暗い人」「楽しくない人」と思われてしまうかもしれません。
ですから、謙虚さも程度を考えながら、「相手を不快にさせない程度の謙虚さ」を自分なりに編み出しましょう。

無料出会い 好きな子にメールでお近づきになる方法

無料出会い 好きな子にメールでお近づきになる方法
出会い系サイトで、気になる人にアプローチするには、もちろんメールを使ってということになります。
しかし、男性会員が圧倒的に多いとされている無料出会い系サイトでは、女の子の競争率が非常に高く、普通のメールでは目にとめてもらえる可能性は低いといえます。
それでは、メールでお近づきになるにはどうしたらいいのか?
少しだけ具体的にお話してみましょう。
・先ずはマナーを
ネットでの出会いは、言葉だけのやりとりということもあり、とても気軽なものであるように感じます。
実際に気軽に出来るのですが、それゆえにあまりマナーを心がけていない人が多いものです。メールでお近づきになるには、マナー心がけることが大前提です。
具体的には、始めからいきなり親しげな口語調で話かけたり、名前に敬称をつけなかったりということをしないようにすることです。
かといって、あまりかしこまった敬語を使う必要もありませんが、相手が安心してくれるような良い印象を与える言葉づかいを意識しましょう。
・自己紹介
実際にメールの内容について考えてみます。
始めにしなければならないのは、自己紹介ですね。プロフィールを書いているからいいじゃないかという人もいるでしょうが、無料出会い系サイトの場合は特に、相手の女の子には毎日多数のメールが届きます。
ですから、相手が直接プロフィールを参照するということはそうそうありません。メールのメッセージを見て、興味をもったらその人のプロフィールを見てみるという手順を踏むことが多いでしょう。
よって、メッセージでいかに興味を持たせるかということが重要になってきますね。メールで上手く興味を持たせることが出来て、プロフィールにジャンプしてもらえれば、やりとり出来る期待が出来ます。
自己紹介は、簡単なものを書いておきましょう。名前またはニックネーム、年齢、職業、そして目的です。これらは最低限の明示しておかなければならない項目です。
・相手への質問をする
お近づきになるには、やりとりをすることが必要です。やりとりをするということは、相手からの返事をもらわねばなりません。
そうすると、上記の自己紹介をした後には、軽く相手への質問も付け加えることが重要になってきます。
自己紹介だけ一方的に述べて、あなたと親しくなりたいという内容では、相手からの返事が返ってくる可能性はあまり高いとはいえないでしょう。
要は、どのようなことを書けば、相手が返事してくれるのかということを考えればいいのです。それならば、一番手っ取り早いのは質問することですね。
質問をする際には相手のプロフィールを踏まえた上ですることもとても重要です。きちんとプロフィールを読んでいるということが伝われば、良い印象を与えることが出来るでしょう。
相手への質問をするということの真意は、言い換えれば「相手が返事を書ける環境を整える」ということです。ですから、質問の内容も、「自分が質問されたらどうか」と、自分に置き換えて考えたらより親切な質問をすることが出来るでしょう。
・コピペ、定型文を使用しない
相手の目にとまって、興味を引くことが出来る文章を書くための第一歩は、自分で言葉を並べるということです。
ネット上に出ている文章をコピペしたものや、あるいはそれに手を加えたものが相手の気を引くことは極めて低いといえます。
ですから、ちゃんと自分の言葉で文章を書く必要があります。文章には意識的にも無意識的にも、書き手の人間性が反映されます。また、良い文章を書こうという姿勢も言葉に現れるのです。
つらつらと書いてきましたが、小手先のテクニックよりも、返事をもらえるように相手の立場になって考えてメールを作ることが、好きな子にメールでお近づきになれる一番の方法だと思います。

出会いカフェ東京より3倍あえる

メル友 選り好みせずに交流しよう
メル友とやりとりをする前提として当然のように考えることの1つは、話が盛り上がるかどうかということでしょう。
特に共通の話題があったりすると、自分の知っていることを相手も知っているので、色々な説明を飛び越えて話をすることができるし、それで一気に仲良くなることもできます。
このことを考えると、交流するメル友は好きなことや趣味が共通している人に限られてしまいます。もちろん、それは悪いことではありません。むしろ当たり前のことです。メールするならば盛り上がった方がいいし、楽しい方がいいのは誰しも同じです。
 *先入観で相手を選んでしまう
しかし、なかにはグチっぽいことをメールしてくるような人や、答えにくい質問をしてくるような人、そして返信する気になれないようなメールを送ってくるような人もいます。
それらの面倒な要素というのはメル友になってみて初めてわかるパターンもあるし、プロフィールを見た時点でなんとなくわかる場合もありますね。
特に、後者のプロフィールについては、写真の画像や自己PRの文章などで「なんとなく」決めつけてしまう場合も多いかもしれません。しかし、これはあなたの先入観による判断である可能性もかなり大きいことを考慮にいれるべきです。
名前や趣味、その他の項目を参考にして相手を直感的に選んだりすることも大事です。直感が良い出会いをもたらすというケースもままあります。しかし同時に、自分にとっての「新しい可能性」との出会いをつぶしてしまっている恐れもあるのです。
 *選り好みに潜む損失
人はどうしても、選択肢があればあるほど、どんな局面でも選り好みをしてしまう傾向にあります。それは皆がすることです。
その対象がメル友ともなれば、その傾向はより顕著になります。自分にとって「利益」をもたらす人としか交流をしなくなるからです。ここで言う「利益」というのは、先に挙げたような話が盛り上がるという楽しさ、あるいは何か有益な情報をもたらしてくれるなどのこと。つまり、自分にとってプラスということになります。
「選り好みをせずに」ということは、決して全ての選択肢を選べという意味ではありません。ものすごくたくさんの人とメル友になって有益な関係を築くのは不可能ですからね。
意識のすみに置いといて欲しいのは、選り好みすることでもしかしたら「何か損していることがあるかもしれない」ということです。
たまには少し冒険をしてみて、普段ならばあまり交流をしないような人と交流すれば、今までに知ることのなかった何かを得られることもあるかもしれません。

エッチ出会い系サイトランキング

無料出会い キャッシュバック目的の女性に気をつけろ
出会い系サイトでのキャッシュバック目的の女性のことを「キャッシュバッカー」と呼びます。
 *キャッシュバッカーとは
キャッシュバッカーはサクラとは違い、もともとは素人女性です。その基本的なシステムは、女性の会員が男性の会員とメールのやりとりをすればするほどポイントが溜まっていくというものです。ですから、素人の女性会員がポイント目当てで男性とのメールをしているという点でサクラとは違うのです。
キャッシュバッカーはもともとは素人女性であると書きましたが、それがネカマ(ネット上で女性になりすました男性、ネットオカマ)である場合もあるかもしれません。
また、キャッシュバッカーは主にポイント制の有料サイトに多数います。キャッシュバッカーが男性とのやりとりによって蓄積したポイントは換金することができて、彼女ら(彼ら)はお金のためにこうしたメールを送っているのです。ですから、基本的には無料サイトなどにはいないことになりますね。
しかし、お金のためといっても、キャッシュバックされる金額はそんなに多くはなく、特に素人女性がキャッシュバッカーになる際には、ほとんどが「小遣い稼ぎ」くらいの感覚のようです。
とは言っても、なかには引っかかってしまったらやっかいなたちの悪いキャッシュバッカーもいたりします。そのような人にひっかかると時間とお金を無駄にしてしまうことになります。
 *キャッシュバッカーの2つの面
上にも書いた通り、キャッシュバッカーはもともとは素人女性なので、サクラとは違います。この点において、2つの面を指摘することができます。
まず、もともとの目的は「出会い」を求めているため、サクラよりは出会える可能性があるということです。
そもそもキャッシュバックのシステムは出会い系サイトに女性会員を確保するための一種の手段ですから、それを頭ごなしに否定することはできません。
キャッシュバッカーとされる女性も一応は出会いを求めながらポイントを溜めているのです。ですから、サクラや業者と違ってきちんとした関係に発展する可能性は十分にあります。
2つ目は、もともとが出会いを求めているので、サクラよりも見分けがつけにくいということがあります。
キャッシュバッカーの見分け方というのも一応基本的にはサクラと同様と考えてもいいのですが、その他に頻繁な掲示板への書き込みや短文のメールばかり送ってくるといった特徴的な行動をします。そういった傾向があまりにも強いようであれば、警戒しなければなりません。
サクラ、業者、そしてキャッシュバッカーといった煩わしさを考えてみると、無料サイトで出会いを探した方が良いのかもしれませんね。

男性会員ポイント無し、無料出会い系サイト

恋人探し 年上女性を恋人にすると成功する
一般に「年上女性」というと、甘えさせてくれる、リードしてくれる、経験をつんでいる…などのイメージがありますね。
こういったイメージは当たっている部分もありますが、必ずしも年上女性の全てがそうであるわけではなく、男性の「幻想」が混ざっている部分も多少なりともあります。
 *年上女性が求める恋愛対象
とはいっても、やはり年上の女性を恋人にすると同年代や年下の人と付き合うのとは違った経験値を積むことができるということは言えそうです。
それは年上の女性が求める男性のレベルが高いということに起因します。年上といってもその差は幅がありますから、どれくらいなのかということまでは細かく指定することはできませんが、とにかく女性にとっては「結婚」ということが迫ってきますから、それを前提にして付き合う男性を見ているわけです。
そうなると相手の男性を見る目は厳しくなり、そこに求めるハードルは自然と高くなっていくのですね。
それではなぜ、そういった年上女性を恋人にすると「成功」するのか。
ここで言う「成功」というのは、どのような具体的な成功なのかを述べることはしませんが、結果的なものとしましょう。
つまり、高いレベルの男性を求めている相手に応えようとすることが自分を高めることになり、結果的にそれが何らかの成功に結びつくという程度に考えてください。
 *自分に足りないものを自覚させられる
色々と経験をしている年上の女性は、恋愛対象となる相手の様々ところを事細かく見ています。しかも、冷静な分析までしています。もしも何か自分にとって気になることがあれば遠慮なく指摘するだろうし、それを改善しようとしなければどんどん関係は冷めていくでしょう。ですから、2人の関係を続けたければ男性ががんばらなければならないことが多くなります。
もちろん、いくら年上だといっても相手の言い分が全て100%正しいわけではありません。相手も人間ですから、感情的になって理不尽なことを言ったりすることもあると思います。そういった理不尽さに対処することすら自分のためになりえるのです。どういうことかというと、対応力がつくのです。
年上女性を恋人にすると成功するというのは、年上女性と付き合うことによって自分に足りないことや男としての基準に達していないような部分を自覚できる体験によって結果的に自分が高まっていくということになるからです。
もしもその恋愛が結婚にまで至らなかったとしても、その付き合いが貴重な経験になることは間違いないでしょう。

出会い 非出会い系を利用して会おう(1260字)

出会い 非出会い系を利用して会おう
「非出会い系」という言葉を目にしたことはあるでしょうか?
これは、異性同士で知り合うことを目的とした出会い系サイトとは異なるサイトのことです。つまり、ユーザー同士の交流は出来るのですが、その目的が出会いではないのです。
現在では主にケータイなどのモバイルの端末で利用する傾向にあります。具体的にはmixiやGREE、そしてモバゲータウンなどのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を指す場合が多いようです。
 *非出会い系隆盛の現状
ネットでの出会いがきっかけとなった犯罪が多発していくなかで、それを規制する法律ができて、出会い系サイトでは未成年の利用がきびしくなりました。しかし、それはあくまで男女の出会いを目的にした出会い系サイトでの話です。
上に書いたような非出会い系サイトは出会い系サイトよりは規制がゆるく、まだ比較的に自由に利用することが出来るのです。
例えば、普通の出会い系サイトではアドレスや電話番号を交換したりするときには、お金を支払わなければ文字化けしたりしてしまうのですが、非出会い系ではまだ普通に交換することが出来ます。また、登録の際にも本人確認が義務づけられていないし、年齢認証もありません。
ですから、考えようによっては、出会い系サイトよりはむしろ非出会い系を利用した方が効率よく出会うことができるということにもなります。
しかし、非出会い系では上にも書きましたが、未成年の利用も多いことから、そのことに関する犯罪も非常に頻発しているということに注意しなければなりません。そういった犯罪に巻き込まれないように、警戒しなければならないことを念頭に使う必要があるのです。
 *オフ会を利用すべし
さて、そういった非出会い系では、基本的にはコミュニティに属してからユーザー同士でコミュニケーションをします。
しかし、これらのSNSはあくまで「非」出会い系サイトなので、基本的に出会いを目的としたコミュニティーは禁止されています。もしそのような目的でコミュニティーを作ったり、コミュニティー内でそのような動きがあると運営者側から即刻削除されるようになっています。
では、どうやって出会うのか。
「オフ会」です。非出会い系を利用して出会えている人はほとんどがオフ会を利用しているのではないでしょうか。オフ会だと対面で話ができるし、これまで同じコミュニティーで会話をしていたわけですから、話もある程度盛り上がると思います。
非出会い系で出会うにはオフ会を利用せよ、ということは出会うための1つの有効な手段でしょう。
他にもコミュニティー内のやりとりから個人間のメールに発展して出会うといったような方法もありますが、これはなかなかに時間がかかってしまうと思います。
それよりはオフ会で対面でガッツリ話してみた方が手っ取り早いことは明白です。
が、どちらの手段を選ぶのかはあなた次第です。どちらか自分の性格にあった方を選んで、非出会い系を有効に活用してみましょう。
繰り返しますが、くれぐれも犯罪には巻き込まれたり、加担したりしないように。